工房の様子

ミンサー織りとは


ミンサー織は、もともと綿糸を藍で染めて織った細帯で、五つの絣柄と四つの絣柄が特徴です。
帯の絣の柄に五つと四つの組合せが交互に配されていて、
これは「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」 という心が込められ、
帯の両脇のムカデの足に似た模様には、通い婚時代を反映して
「足繁くおいでください」 という意が表現されたものと伝えられています。
当工房では草木染めにこだわり制作しております。

Ishigaki

min

Ateliera's diary